足場(仮設)工事、解体工事、はつり工事は島根県益田市のみつわ工業有限会社にお任せ下さい!



マニフェストとは建物の解体などによって出た産業廃棄物の排出事業者が、その運搬や処理を業者に
委託する場合にその最終処理までの過程を記録する伝票です。

このマニフェストによって廃棄物が中間業者、最終処分業者へと流れていく過程を把握でき、各段階で各業者から押印(受付日・事業者・担当者)されるので、委託通りに廃棄物が処理されている事を確認できます。

マニフェストは(下記図のように)7枚複写(A、B1、B2、C1、C2、D、E票)で構成されており、それぞれ各業者により正しく処理されなければならず、各業者には5年間の保存の義務があります。

これにより最終的に排出事業者へ各業者から処理完了のマニフェストを受け取る事により、排出事業者が産業廃棄物が確実に処理され不適切な処理が行われず不法投棄などがないか確認することが
できます。


産業廃棄物管理票(マニフェスト)
A票 排出事業者の控え
B1票 運搬業者の控え
B2票 運搬業者から排出事業者に返送され運搬終了を確認
C1票 処分業者の保存用
C2票 処分業者から運搬業者へ返送され処分終了を確認
D票 処分業者から排出事業者に返送され処分終了を確認
E票 処分業者から排出事業者に返送され最終処分を確認


近年産業廃棄物の不法投棄など大きな社会問題となっております。
解体業者の中にはこのマニフェストを提出しないところや不正に複製するところもあります。
そのような業者は廃棄物を不法投棄している可能性も高く、違反した場合、施主であるお客様も
罰せられる可能性もありますので充分に確認した上で業者をお選び下さい。

Copyright (C) 2004 Mitsuwa industry Co., Ltd. All Rights Reserved.