足場(仮設)工事、解体工事、はつり工事は島根県益田市のみつわ工業有限会社にお任せ下さい!



当社はアスベスト関連法規を遵守し、安全に確実な処理、除去工事をお約束致します。
『除去工法』『封じ込め工法』『囲い込み工法』と3つの工法によりアスベストを処理致します。
封じ込め、囲い込み工法はアスベストを除去するわけではないので、固化剤の劣化や囲い込み
材料の劣化等を把握、管理する必要があります。
完全に安全に処理をご希望の場合は除去工法をお薦めします。
またアスベスト含有量はアスベスト専門の分析認定機関に依頼することによって公正且つ確実な
判断が可能となります。

アスベストとは

アスベストは、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で石綿(せきめん)(いしわた)と呼ばれています。
アスベストの繊維は非常に細く、浮遊しやすい為に人体に吸入されやすい性質があり、体内に入ると20〜40年の潜伏期間ののち、肺がん、中皮腫などを引き起こし、胃がんや喉頭がん、結腸がんといった病気を引き起こす原因となります。耐火・防火・断熱・吸音・保温材として昭和30年代〜昭和50年代まで様々な建物に使用されてきました。


除去工法

既存の吹付けアスベスト等の層に飛散抑制剤を吹きつけ、湿潤化した後に除去を行います。、除去した部分には飛散防止材を吹きつけます。除去したアスベストは専用の袋に二重梱包し、搬出します。 下地から完全に取り除く工法です。

[長所]

・アスベストが皆無になるので安心
・処理後、解体時、保守時等にアスベストを考慮しなくて済む。
処理後の使用者・利用者等の接触に対して配慮しなくて良い。


封じ込め工法

既存の吹付けアスベスト等の層はそのまま残し、薬剤の含浸または造膜材の散布により、吹付けアスベスト等の層の表層部または全層を完全に被覆または固着・固定化して、アスベストが飛散しないようにする工法です。

※除去をするわけではないので経年の劣化により飛散の可能性あり、管理が必要
※解体時には除去が必要


[長所]
・固化するので飛散が防げる
・廃棄物が発生しない。(養生材等は処理が必要)
・除去工法に比べて、工事費が安価で、工事期間も短い。


囲い込み工法
既存の吹付けアスベスト等の層はそのまま残し、アスベスト層が露出しないよう板状材料等で完全に覆うことによって、使用空間へのアスベストの飛散防止を図る工法です。

※除去するわけではないので経年の劣化により飛散の可能性あり、管理が必要
※解体時には除去が必要

[長所]
・アスベスト自体を囲い込むので飛散が防げる
・廃棄物が発生しない。(養生材等は処理が必要)

Copyright (C) 2004 Mitsuwa industry Co., Ltd. All Rights Reserved.